タヒバリのハルヒコ

探偵に依頼した仕事が浮気調査だった場合、しっかりとした確証が得られれば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。

相手が信頼できなくなってしまったら人生を一緒に歩むのはストレスは相当なものになりますから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。

また、配偶者の不倫相手に慰謝料を請求したならば間違いなく別れさせられるはずです。

地図上の場所がわかる機械を用いて、良く行く場所を調べて、その近所をウロウロしていれば、いつかは来るはずですから、こちらに有利な証拠を掴めるでしょう。

費用のご準備が十分ではないときには、地図情報システムで調査するのも、様々なやり方の選択肢の一つです。

GPS装置がつけられていることがわかってしまう事もあります。

飲食店などの領収証の記載にはお通しの注文数から同席していた人の数が特定できるように記載されている事もあるので、浮気をしていたと判断する材料になります。

ほかに、クレジットカードで決済した時は月ごとに点検するようにします。

出張時の利用にも関わらずビジネスホテルではないとか、一人で宿泊したにしては高い宿泊費だったりしたら、同伴者がいたと見られることがあるのです。

夫と浮気相手のいる場所に奥さんが乗り込みとんでもない修羅場になってしまうのは、ドラマでも描かれることが多い光景です。

夫人の浮気現場にご主人が乗り込むことになると、殺傷沙汰にまでなってしまう脚本もしばしば書かれます。

浮気しているところを捕まえて問い詰めるのも選択肢の一つです。

別れるつもりがあるならば、実行する余地はあるかもしれません。

探偵による調査は高額ですから、自分でやってみようとする人もいるものです。

テレビのドラマでは何気なく尾行してますけど、予想外の出来事が出てくるのが実際で相手に悟られず尾行をするのは並大抵のことではないのです。

相手の隙を掴まねばならないのに警戒されてしまえば、浮気の決定打を見逃してしまう可能性もあります。

絶対に相手の尻尾を掴みたいなら、プロに浮気調査をお願いするべきです。

不倫した二人に慰謝料を請求する側になったとすれば、尚更念入りに、相手への調査が必要ですし、複数回に渡る、浮気の証拠を確保しなくてはなりません。

もし、貴方がその調査を探偵に任せるのであれば、不倫の証拠をプロならではの手段と方法で、映像に残して貰えますし、経験に裏打ちされた、間違いのない形で十分な証拠を準備して貰えるのです。

探偵に依頼した浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」です。

実費には移動にかかる費用、写真現像代やフィルム代といった費用になりますが、調査時の食事にかかった代金がプラスされることもあるかもしれません。

また、時間給は調査員の人数×調査時間で、算出した費用です。

浮気調査を行う期間が短ければ請求金額も少ないです。

着るものが今までと違った系統になってきたら、怪しい兆候です。

浮気相手に好かれるための服装にしようとしていたり、ちょっとだとしてもセンスの良いところを見せようとしたりしている可能性も高いです。

いきなり、年にそぐわないデザインや色の洋服を選んで着るようになりだしたら、相当に危ない予兆です。

とりわけセクシーな下着を身につけるようになったら、浮気の可能性があります。

浮気調査は自分ではしない方がいい理由があります。

それは冷静でいることが難しくなってしまう危険性があるのです。

強い心を持っている人でも、実際の密会に居合わせてしまうとその場の激情に身を任せてしまうケースがこれまでに多くありました。

貴方自身のためにも、何よりも、証拠を入手するために、探偵への調査依頼が最も確実な手段といえます。

成功報酬の場合、気を付けるべきなのは、もし、浮気調査の依頼したとすると、調査期間が3日間だったとして調査を行う3日間で浮気の証拠を掴めなければ調査は成功ということになるでしょう。

実際には浮気していたとしても、3日の間に浮気が発覚しなければ、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、専門的な調査は完了となり、事前に約束していた成功報酬を支払うことになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です