鈴村の燐

全てのインプラント治療にとって大事なのがどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、たくさんの症例を治療してきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。

また、できれば費用面での疑問に応えてくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、その部品の接続構造により、以下に示す何通りかに分かれています。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるものが1ピースタイプです。

他に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにパーツ同士の結合部の形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。

使用年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当医の技量によっても変わるようです。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、その分、人工歯の寿命にも影響が出ます。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が残せれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウン治療が可能になります。

しかし、根から抜いた場合はもし、入れ歯を採用しない場合、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

これは文字通り陶器でできた人工歯であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスを持ち合わせていなければなりません。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、その分、インプラントの人工歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。

インプラントの利用を考える際に、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れや痛みが収まらない場合は、直ちに歯科で診てもらってください。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

金属の中では、骨との親和性が高い方で身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療に取りかかるため安全性を確認しながら治療を受けられます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
モテフィットの口コミや効果が凄い!本当?徹底検証!

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

治療後、一見した感じでは、多くのケースではインプラントが優位に立ちます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという覚悟もしなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です