安川で安部

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、安堵するのはまだ早いのです。

ずっと使い続けられるかは、治療後のメインテナンス次第なのです。

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、サボらず毎日のケアを行ってください。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。

骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっている「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにそのコネクション部分の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

術後の患者さんは、ほとんどが違和感を生じるのが当たり前の反応です。

腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにじっと耐えてください。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

大至急歯科医にかかってください。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラント治療をすすめようとすると他の人工歯を使った治療に比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

もしこの治療が保険適用だったら、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用を一度に用意できない方もまだまだ多いのです。

それでも、クレジットカードが使えるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような分割払いに申し込める歯科医院が増えています。

全ての費用を現金一括払いできなくても、インプラント治療の開始はできる状況になっています。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療を始めるのが普通ですから納得した上で治療を始められます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを継続することによって安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の優れた歯科医を探したいならば、日本だけでなく、海外の歯科医を探すというのもありえます。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、そう簡単に断念せず、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることに努めましょう。

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部を支えとして残すことができれば上から冠のような形のクラウンをかぶせることが可能です。
ふんわりルームブラの口コミや効果が凄い!でも本当?徹底検証!

根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯以外ですと、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です