楠本と大堀

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、入院する必要はまずありません。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

腸骨など自家骨の移植手術であれば入院して手術するケースも実際にあります。

これらのどこかに当てはまる方は治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

マカナサプリはそんなに人気なの?
保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、コストがかかり、設備や技術も要するからです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた優れた歯科医を探したいならば、日本だけでなく、海外の歯科医を探すというのもありえます。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界中の歯科医が研修を受けています。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、そう簡単に断念せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすことが夢をかなえるためには大事です。

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。

様々な事情から、他の治療が受けられない方にすすめられる治療なのです。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラントしかないとされる患者さんが多いでしょう。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントはより自然な噛み心地を得られるため食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それも皆無とはいきません。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどの事例もあります。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることが要因となっています。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることもあり得ます。

そして、治療にミスや失敗があると起こった問題は、相当深刻化する可能性があるリスクも背負っています。

まれな症例として、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

骨との親和性が高くアレルギーの発症例も少なくなっています。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療を始めるのが普通ですから納得した上で治療を始められます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。

人工歯としてのインプラントは自分の歯に近い感じで噛めるので、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもまた嬉しいですね。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です