雅龍だけどトレス

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

セラミックとは要するに陶磁器であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを持ち合わせていなければなりません。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院する必要はまずありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院して手術するケースも実際にあります。

このような難しい治療を行う場合、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、日々のケアが欠かせません。

毎日、しっかりブラッシングすることでいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、定期的な検診を欠かさず継続することを続けなければなりません。

どんな堅牢なインプラントでも、日頃のケア次第で歯周病になることは珍しくありません。

インプラントについて、簡単に説明すれば歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと歯根からあごの骨に埋め込んでいるので噛んだときの感じも自分の歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

雲のやすらぎプレミアムってよく売れているみたいですね?
この治療は高額になることを知っておいてください。

健康保険が使えることもまれにありますが、一般的なケースではなく、自費診療として始めるしかないのが高額の負担を避けられない理由です。

安くできるケースで十数万円、難しいケースでは数倍の費用がかかるケースもあることを覚悟した上で始めなければなりません。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口の臭いが気になるようになったケースが一部で見られます。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、歯茎の合間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているという可能性もあるのです。

ひょっとして、と思ったら、早期に診察してもらうことが大切です。

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は無視できないものがあります。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療の一大関門となります。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、最低でも手術から治療終了までの間、がんばって禁煙に励みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です