別所と塚ちゃん

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるのが普通です。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように歯みがきも気をつけてください。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。

大至急歯科医にかかってください。

インプラント埋入手術の直後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが多いです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、違和感がおさまらないときは放っておかずに歯科医にみせることで早めの対応をしていきましょう。

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずありません。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な印象を与えるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯を入れたと気づかれることはほとんどありません。

費用や期間より、見た目重視の方にとって優先したい治療方法ですね。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

治療後、一見した感じでは、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優るというべきでしょう。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部を支えとして残すことができれば冠状の義歯としてクラウンという義歯をはめられます。

根元から歯を抜いたときの選択としては、もし、入れ歯を採用しない場合、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいとは誰も言っていません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

自分の歯のお手入れと同じように歯科医や衛生士の指導に従って、まずは口腔内をきれいに保ってください。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

インプラントについて、簡単に説明すれば歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根部からほぼ元通りになる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため残った歯と同じような使用感があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費が高額になることは問題点です。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材から作られています。
メンズアイキララの口コミがいいと評判徹底調査!

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、ほぼ全額自費とみるべきです。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安なく進めていけるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です