コロンビアレッドフィンテトラの椎野

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、入院する必要はまずありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。

そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院が必要になることもあるので、注意してください。

これらのどこかに当てはまる方は治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

インプラントの手術してからしばらくの間、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

これは、人工物を埋め込んで付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが自然な流れです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、治療中に異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることを忘れないでください。

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

実際のところ、費用の総額は歯科医院や歯科医によってずいぶん違っています。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に決められるのが建前です。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的な相場とみて良いでしょう。

インプラントの特長として、しっかりと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもまた嬉しいですね。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強いものでもあります。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

高くついた場合、数十万円にもなるケースもまれではありません。

それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうるデメリットも忘れないでください。

ごくまれなことですが、治療によって死亡したケースもありました。

インプラント治療も万能ではなく、基本的にはインプラント以外の治療はできないという方にすすめられる治療なのです。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラントしかないとされるという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地は自分の歯に近く食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

今流行りのインプラント。

一度埋め込めばその効果は基本的に一生と説明されることが多いようですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

口内のセルフケアを怠れば、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、それだけインプラントの使用可能年数も短くなってしまいます。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。

天使のララがネット上でも大人気!
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯の根元が骨に埋まっているので残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です