吉良の大月

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それも皆無とはいきません。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、噛んでいるとグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに起因することが多いといえます。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、差し歯は利用しようがないということです。

さて、そこでインプラントですが、これは歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

インプラント治療にかかる費用を合計すると標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに費用の差になってきますので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

忘れないで欲しいのはインプラント治療経験者の口コミです。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

旧来の入れ歯と比べた場合、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の極めて高い医療スキルを置いて語れません。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということです。

シミウスってどうなの?でもネットでも話題だよね!
いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

せっかく完了したインプラント治療も治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、アフターケアが寿命を決定します。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールを継続した上で歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。

インプラント自体は人工歯ですが、日頃のケア次第で歯周病になることは珍しくありません。

インプラント埋入手術の直後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためで時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、歯科医の判断を仰ぐことを心がけてください。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればもう少し粘ってみてください。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療可能になっています。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことが必要です。

インプラント治療の大きな問題は、何といっても費用の問題でしょう。

おおむね保険適用外で、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることはもちろんです。

治療が終わっても、ずっと定期検診がある点も知っておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です