分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、どうなると言い切ることはできず、結局、治療してみるまで分からないということになります。

鎮痛剤を飲んで、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごさなければなりません。

日常生活には極端な制限はありませんが、普通の生活を上回る強度の運動は控えることが望ましいです。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

日頃から運動をしている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておきましょう。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使っているためです。

インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費を覚悟しましょう。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのがベストだと思います。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても根のケア次第で上からすっぽりとクラウン治療が可能になります。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯もありますが、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するというインプラント治療が候補となります。

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんが受ける治療です。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では上手に噛めないなどで必然的にインプラント治療になるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

インプラントは入れ歯に比べ、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

長年放っておいた虫歯があり、結局、歯を抜くことになってしまいました。
善玉元気の口コミ

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され最終的にインプラントを選びました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたので私の場合は、インプラントが最適でした。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前よりも口臭が気になるといった変化がたまにあるということです。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているケースもあり得るのです。

こうした症状に気付いたら、早期に診察してもらうことが大切です。

今流行りのインプラント。

一度埋め込めばその効果は普通にしていれば一生物などと言われますが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

口内のセルフケアを怠れば、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、それだけインプラントの使用可能年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

もしこの治療が保険適用だったら、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です